メニュー

上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査とは

上部消化管内視鏡検査は細い管状のファイバースコープを、鼻または口から挿入して咽喉頭、食道、胃、十二指腸を観察し、病変の有無をチェックします。5~10分で通常終了しますが苦痛を伴う検査でありません。
最近では鼻からの経鼻上部消化管内視鏡検査を希望される方が多いです。

当院の治療

IMG_5062当院では苦痛のない検査を目指し

  1. 内視鏡挿入前に、十分な鼻粘膜の表面麻酔を行ないます。
  2. 更に細く柔らかいシリコンチューブで通過の可否を確認しますので安心して検査を受けていただけます。

また、NBI(狭帯域イメージング)と呼ばれる特殊光を使用できる内視鏡ですので微細ながんの発見や病変の範囲を調べることも可能になっています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME